DHAやEPAを配合したサプリメントの発達障害への改善効果についてまとめました。

おすすめDHAサプリのランキングも掲載していますので、ご参考にしてください。

DHAが脳の情報伝達をスムーズにする!

発達障害には、ADHD、学習障害、自閉症スペクトラムなど幾つかの種類がありますが、いずれにしても何らかの要因により、脳機能に障害が起きているために生じるとされています。

ご存知のように、脳は様々な部位に分かれており、記憶・言語・計算・創造などそれぞれに情報処理の役割が異なります。

そして、発達障害と診断される方の場合には、それぞれの脳の部位の連携がうまくいかないために、それが能力の偏りにつながり、注意欠陥・コミュニケーション能力の欠如・計画性のない行動などを生じさせます。

そのような偏りは個性でもあり、特定の分野で他人よりも優れた成果を生み出すことがありますから、常に治さなくてはならないというものではありません。

それでも、学校や職場など生活の様々なシーンで大きな支障が出るようであれば、集中して苦手分野の改善に取り組んだほうがよいでしょう。

悩みのある少年

発達障害の場合には、完全に克服することは難しいとしてもスキルトレーニングや栄養療法によって一定の効果が現れることも多いようです。

特に低年齢であるほど脳も発達途上にありますから、脳機能の改善効果が現れやすいようです。

そこで、栄養面でのカギとなるのが、DHAあるいはEPAなどのオメガ3脂肪酸と呼ばれる成分です。

これらは脳の神経細胞の膜を構成している成分で、神経細胞同士の連携に大切な役割をします。

体内にDHAやEPAが多いほど神経細胞の膜は柔らかくなり、情報伝達がスムーズになるので、脳の各部位の連携もうまくいきやすくなるようです。

その結果、偏った脳の働きも改善に向かうことが期待できます。

もちろんDHAの摂取だけで能力の偏りを完全になくすことは不可能ですが、療育やスキルトレーニングと併せてDHAをたっぷり補給してあげることで、トレーニングの効果を一層高めることができるでしょう。

筋トレにプロテインが不可欠なように、脳トレにはDHAというわけです。

そして、毎日たっぷりのDHAを手軽に摂取できる優れた方法がDHAサプリメントの活用です。

発達障害DHAサプリおすすめランキング

発達障害に悩まれる方にとっては、やはり毎日たっぷりのDHAやEPAが必要です。そこで主に1日の配合量に注目し、DHAサプリメントをランキングしましたのでご参考にしてください。

発達障害DHAサプリ1位 美健知箋EPA&DHA

発達障害DHAサプリ1位 美健知箋EPA&DHAの特徴

美健知箋EPA&DHAの特徴は、
・DHA独特のにおいを特殊カプセルで無臭に
・アルミパック個別包装で酸化防止
・1日分750mgのDHA、EPAを配合
・直径3mmの小粒で飲みやすい
・製薬会社のサプリという安心感
・初月1,000円と試しやすい価格

という感じです。

価格 容量 1日分のDHA・EPA配合量
 定期初回1,000円(税込)  30包入(約1ヶ月分) 750mg
原材料
 DHA・EPA含有精製魚油/ゼラチン/EPA含有製魚油/グリセリン/酸化防止剤(ビタミンE)
備考
 定期コース2回目以降4,980円。いつでも解約可能。通常価格は税込6,480円

美健知箋EPA&DHAの総評

DHAとEPAの配合量に関してはトップ水準で、特殊カプセルを使用していることにより臭いもほとんどなく飲みやすい製品となっています。これまで臭いが気になってDHAサプリを敬遠していた方は試してみる価値があると思います。


定期コースは初回1,000円で購入できますし、いつでも解約できますから、お試ししやすい商品となっています。

発達障害DHAサプリ2位 オメガ3クリルS

発達障害DHAサプリ2位 オメガ3クリルSの特徴

オメガ3クリルSの特徴は、
・DHA、EPAを含むクリルオイルを1日分1,005mg配合
・クリルオイルは魚油より3倍吸収が良いと言われている
・クリルオイルは有害物質の影響が少ない
・老舗製薬会社の信頼品質

という感じです。

価格 容量 1日分のDHA・EPA配合量
 定期4,000円(税別)  1袋30粒(約1ヶ月分) 175mg
原材料
オキアミ抽出物/ゼラチン、グリセリン
備考
 1回のみ購入は5,500円(税別)、3個まとめ買いで1個あたり4,000円(税別)

オメガ3クリルSの総評

こちらも老舗の製薬会社「白鳥製薬」の開発した製品となっています。DHAサプリの多くが魚油を原料としていますが、このサプリはオキアミを原料としているところに特徴があります。オキアミから抽出したクリルオイルは吸収率が魚油より3倍高いと言われ、また酸化防止にも役立つアスタキサンチンも含まれています。そのため1日分のDHA・EPAが摂取できる量は175mgですが、少ない量でも他のサプリに負けない効果を期待できます。

発達障害DHAサプリ3位 きなり

発達障害DHAサプリ3位 きなりの特徴

きなりの特徴は、
・EPA、DHA、DPAを合わせて1日分510mg配合
・クリルオイルを原料と酸化しにくく吸収されやすい
・ナットウキナーゼも配合
・特殊製法で魚臭さゼロ
・15日間の返金保証付き

という感じです。

価格 容量 1日分のDHA・EPA(DPA)配合量
 定期初回1,980円(送料無料)  1袋120粒(約1ヶ月分) 510mg
原材料

 DHA・EPA含有精製魚油、クリルオイル、納豆菌培養エキス、ビタミンE含有植物油、ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、オレンジ香料、ビタミンB1,B2,B6

備考
 定期コースの2回目以降は3,790円(税抜)

きなりの総評

 一般的なDHAサプリの原料となる魚油ではなく、オキアミから抽出したクリルオイルを使用しているという点で、酸化しにくく吸収しやすい特徴があります。ナットウキナーゼも配合されていて、血液サラサラ効果を求める方には重宝するサプリメントとなっています。マルハニチロとの共同開発ということで、原料の安全性にもこだわってつくられていますから安心です。

発達障害の症状と一般的な治療

発達障害の中にも、自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群含む)・学習障害(LD)・注意欠陥多動性障害(ADHD)など幾つかの分類があり、症状もそれぞれに異なる部分と重なる部分とがあります。

また同時に複数の障害をもつ方もおられますし、障害の程度や大人と子供の違いによっても症状が異なります。ですから、発達障害の症状の判断は簡単ではありません。

それでも代表的な症状を挙げると、以下のような点があります。

  • 集中力がない
  • 落ち着きがない
  • 読み書きが困難
  • 計画を立てたり実行するのが苦手
  • 片付けや整理が苦手
  • 物忘れが多い
  • 他人とのコミュニケーションが苦手

このような症状は、発達障害ではない人でも普通にみられる特徴ですし、認知症や他の精神疾患の症状と共通する部分もありますから、正確な診断はやはり病院で行う必要があります。

発達障害で使用される薬物

発達障害の診断を受けた場合は、その原因は先天的な脳機能の障害と考えられますから、治療で治るという性質のものではありません。

それでも、症状を緩和させるために病院で治療薬が処方されることがあります。

例えば、ADHDの薬としてはコンサータ(メチルフェニデート)、ストラテラなどが投与されます。これらを服用すると、頭がクリアになって集中力が増したように感じるという患者さんもおられます。

一方で、ひどい喉の渇きを感じたり、平衡感覚がおかしくなるなどの副作用を感じる人も多く、服用し続けることに抵抗のある人も少なくありません。

実際にこれらの治療薬は、覚醒剤と同じ中枢神経刺激薬に分類され、依存性や脳への影響が気になるところです。

注目されるオメガ3脂肪酸の効果

脳のチェック

薬の投与に不安を感じる人が多い中で、近年になって食生活の面から発達障害の症状改善に取り組む動きが活発化してきました。

中でも、脂肪酸の一種であるオメガ3脂肪酸が脳神経の働きを活性させ、集中力を高めるなど脳機能の向上に有効である可能性があると言われています。

オメガ3脂肪酸には、魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)、亜麻仁油など特定の植物油に含まれるaリノレン酸などがあります。

これらのオメガ3脂肪酸は、脳の神経細胞の細胞膜を構成し、脳内の情報伝達能力を高める作用があります。

ですから、この栄養素を食事やサプリメントで多く摂取することによって、学習機能の向上や発達障害の種々の症状緩和に役立つ可能性があるわけです。

薬を服用し続けることを考えれば、副作用がなく安全なので、成人だけでなく発達障害の子どもをもつ親御さんにも注目されています。

DHAに関する研究報告

オメガ3脂肪酸の一つであるDHAの発達障害への改善効果については幾つかの研究報告があります。

例えば、アメリカではADHDの小児患者に関する16の研究論文を分析した結果、DHAを含むオメガ3脂肪酸のサプリの投与が症状改善に有効であることが確認されました。

またドイツでは、6歳から12歳のADHDの子どもたち95人を対象としてDHA・EPAを投与する研究が行われました。その結果、認知機能の改善が確認されたと報告されています。

 

発達障害DHAサプリ一番のおすすめは美健知箋EPA&DHA!

医師のおすすめ

発達障害の改善に役立つDHAサプリメントを3点ご紹介しましたが、やはり1位の美健知箋EPA&DHAがおすすめです。

DHA・EPAの1日の摂取目安量は1,000mg(1g)と言われていますが、厚生労働省の調査では年代によっては摂取目安量の4割にも達していないようです。

実際に1日分の目安摂取量を摂ろうと思えば、マグロ刺し身で2~3切れ、サンマの焼き魚で約1尾程度を毎日食べなくてはなりません。

魚をあまり食べない方にとっては、なかなか満たせる量ではありません。

そのように普段の生活ではなかなかしっかりと摂取できないのがDHA・EPAですから、特に脳に対して良い影響を与えたいのであれば、できるだけ含有量の多いサプリを選びたいところです。

美健知箋EPA&DHAには摂取目安量の4分の3に当たる750mgのDHA・EPAがたっぷり配合されていますし、質を劣化させる一番の原因となる酸化に対しても製薬会社のノウハウでしっかりと対策がなされています。

さらにこれだけの品質でありながら、比較的続けやすい価格設定になっているという点もポイントが高いと思います。

含有量・品質・コストといった点から考えて、美健知箋EPA&DHAはおすすめできます。

美健知箋EPA&DHAの詳しくは以下をクリックして公式サイトでご確認ください。
↓ ↓ ↓

美健知箋EPA&DHAの詳しくはこちら

Copyright© 発達障害の改善法 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.